プロフィール


京才さとみ kyosai satomi

 

深層の思いを引き出しカタチにする
戦略デザインアドバイザー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1971年1月 広島市生まれ 水瓶座 0型

 制作した件数は27年間で15,000件以上。

個人相談件数 3,000件以上。

 

 

 広島県で3本の指に入る広告代理店で専務を務め、

その後、独立した情熱的で厳格な「継続は力なり」が口癖の父と、

英才教室を主宰する

「無ければつくればいい」がモットーの枠にはまらない教育熱心な母。

 

「あたって砕けろ」と、様々なチャレンジをさせてくれた両親のもとで、クリエイティブな感覚と    

出西窯という民芸品の器に囲まれて育ち独特な美意識が育つ。

 

 

小、中学校受験の失敗。

転校先でのイジメなど10代で挫折と絶望を経験し

独立心が旺盛となる。

 

大学を卒業後、父の広告代理店の会社に勤め、

出産で退職される先輩の代行として
入社1年目、通商産業大臣指定伝統的工芸品「石州和紙」の製造工程の編集、

広島県で大手といわれる企業を担当し、ディレクション能力が磨かれる。

 

 

入社5年目その年のすぐれたテレビCM や新聞広告などに贈られる

広島広告企画制作賞の「カレンダーの部」で銀賞を受賞。

 

 その後、2010年夫婦で独立。

 

理想を描いて独立したものの、貯金通帳の数字が少なくなる恐怖に眠れない日々を過ごす。

そんな中つくれば結果が出る時代から 誰のどんな思いが込もっているかという理念が入っていなければ、結果が出ないこと

デザインの色、カタチそれぞれに意図がないと人には響かない、経営者本人がブレることに気付き、

人、モノの隠れた本質を引き出すためにヒアリング力を磨きはじめる。

 

そのヒアリングは、時にはコンサル的、セラピー的と

相手によって使い分け

「いままでモヤモヤしていたものが90分のミーティングの中ですきっと明確になった」

「具体的に動けるヒントをくれる」

「いわれるままに仕上げるデザインとは違う」

「うまく伝えられなくても不思議とイメージ通りに仕上がってくる」

と、喜ばれている。

 

 

プライベートでは

なりたい自分へと導いていくアートセラピーの講師や

九星気学、開運術について人生をより楽しく豊かにすることを学ぶことを楽しんでいる。

宴会では、いつも幹事担当に指名される世話好きな面も持つ。

大阪フルマラソンに2回出場 完走。

千里の道も一歩からが座右の銘

 

 その他

福岡大学(旧体育学部卒) 第1種教員免許取得
RCC
文化センター講師(アートセラピー)

 

 

 

 


社  名  クリエイティブ工房シエル

住  所  〒732-0802    広島市南区大州1丁目8−17

創  立  2010年8月1日 フリーランスとして独立

事業内容  個人、企業、店舗などのブランディング、コンセプトの立案。思考の整理。ロゴデザイン、名刺、ショップカード、封筒、DM、サイン、販促ツール、WEBディレクション・制作、撮影、印刷までトータルでブランドイメージをコーディネートいたします。